浮気しているという客観的な証拠を掴むためには?

相手に気づかれないで浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に勘付かれずにつけるのは楽なことではないといえます。変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判所に委ねることとなります。尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、安い料金で行うことができます。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切です。最も疑いのある時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用は安くなりますよね。ですが、いつ浮気をしているか気づいている場合でも、知人に相談して写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。

ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。いくら成功報酬制を採用していると言っても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。実際のところは不明確であっても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬として料金を支払うのです。同一電話番号から電話を頻回に繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がある程度間違いないと思われます。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査しておきたいものです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば調査費用の節約につながるのです。毎日の出勤時間、帰宅時間、電話が掛ってきた場合は、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。浮気調査に必要な期間は、多くの場合は3~4日間です。最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのは避けましょう。浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、夫婦関係が修復不可能になることもありえます。加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。